おやじの夢だった山小屋

栃木県那須塩原市


今から20数年前、おやじから「塩原に行こう」と言われ、何を見に行くのかなと思ったら、友達に騙されて購入した土地を見せられました。

おやじは「ここに山小屋を建てて、シイタケを栽培したい」と言いながら、夢が叶わぬまま、天の川へと旅立って行きました。

そんな事はすっかり忘れて、20年が過ぎました。
定年の数年前、友人がログハウスを建てることを知り、手伝いに行きました。

その時、塩原の土地を思い出したのです。
折から希望退職を上司から勧められていて、迷っていた56歳でした。

私の会社は60歳が定年でしたが、私はふと、今後人生を60歳迄勤め、それから何かを始めても、体が不自由になってからでは・・・

それに、あの世に行くかも・・・

と、イヤな事が頭に浮かんでしまったのです。

それに、隣の人が定年後間もなく天の川に乗ったのを、目のあたりにもしました。


親父の夢をかなえなくては・・・・

その事を考えると、
「出来る事を今やらないと後で悔いを残すことになる」
と思い、
「無理せず一人で楽しみながら作れるログを」
と思って、ネットからキートスを選びました。 



[ 4月 ]



[ 5月 23日 ]



[ 5月 28日]



[ 6月 6日]



[ 6月 8日]



[ 8月 30日 ]


友人やキートスからの適切なアドバイスで、たった4ヶ月でログハウス本体を完成することができました。

セルフビルド記はこちら↓
結果オーライ!になるかな?


完成後はいろいろ楽しみました。




春は、新緑や高山植物。

日差しを受けた駒止め湿原は本当にきれいで、何時行ってもやさしく迎えてくれます。

初夏には日光キスゲも咲いています。




夏は、釣りや山歩き。

時折楽しむ田代山登山。登りの苦しさから開放された時、何事にも変えがたいひと時です。




秋は、紅葉。

静寂に佇む紅葉の観音沼は、まるで湖に引き込まれるような感覚になります。

こんな所でハーモニカを吹いたら最高ですね。
(なに?ホラ吹くな・・・って?)




冬は、スキー。

スキーをしなくても、ログハウスの雪景色を見ているだけでも素敵ですよ。







ログハウスでは、友達呼んでの寿司パーティ、アマチュア無線。




そして、手作りの木風呂(露天)、ここは温泉掛け流し。




「ご一緒にいかがですか?遠慮はいりませんよ。」 (笑)




こうして楽しい余暇を過していたところへ突然、自分の体に変化が起こったのです。

脳梗塞です。

今思えば、こうなることを予言したわけではないのですが、現実に起こってしまったのです。




あの時決断して良かったと思っています。
悔いは ありません。

もし行動をおこしてなかったら、後悔し、悔やんでいるでしょうね。

納得して天国にいる両親のところに行けますよ (笑)。

これからログハウスを作ろうと思ってる人達に一言、
「不言実行、迷わず実行せよ!」

あの時やっておけば・・・と悔いを残さないために。


さいごに、最近のようすをお見せしましょう。




まだまだやりたい大工仕事がいっぱいありますが、後遺症で思うように作業ができないのがツライところです。




でもリハビリを兼ねて
ボチボチと・・・





ログ作りの時から付き合ってくれた、愛くるしい「サスケ」です。
(ハスキー犬)




一人作業する私をずいぶん癒してくれました。

年月がたち、、、、




今ではこんなに愛くるしさがなくなってしまった、熱がりのサスケですけれどね。。。(笑)


Kiitos Log house